見落とすな!自己処理での注意点

見落とすな!自己処理での注意点

鏡の前で髪をいじる金髪美女
女性へのアンケートで、ムダ毛の自己処理で一番利用されているのはカミソリでした。
確かに一番手軽に手に入るため、安易にやりがちですが、ムダ毛の自己処理で一番トラブルの原因になっているのもカミソリです。

ここでは、カミソリによる肌トラブルと解決法をご紹介します。

自己処理による肌トラブル

色素沈着

肌とカミソリなどの刃が摩擦することで、茶色く色素沈着します。
一度、色素沈着した肌を元にもどすには時間がかかり、元に戻らない場合もあります。
できるだけ自己処理の回数を減らし、早めに脱毛を完了しましょう

埋没毛

毛抜きやカミソリなどの自己処理で、埋没毛を経験しているひとは多いです。
埋没毛は「埋もれ毛」とも呼ばれており、毛穴が自己処理による乾燥やかさぶたで塞がれることで、表に出てこず皮膚の中で成長してしまう状態です。
やさしくスクラブや、ホットタオルで患部から毛が出やすい状態をつくりましょう

乾燥

肌表面が摩擦によって、乾燥状態になりやすいです。乾燥した肌は、バリア機能が低下しており、外部からの刺激に弱いためニキビや肌荒れの原因に繋がります。
とくにカミソリでの自己処理では、保湿などのアフターケアをしっかりと心がけましょう

おすすめ!ムダ毛の処理

電気シェーバー

肌負担が少ない電気シェーバーは、自己処理をするときに一番おすすめです。
カミソリほどの仕上がりのつるつる感は期待できませんが、一度肌トラブルが起ってしまうと、治るのに時間がかかり、色素沈着すると元に戻らない場合もあります。

脱毛サロン脱毛する

肌を傷つけずに、ムダ毛をなくすには、脱毛サロンでムダ毛を処理する方法です。
一度ムダ毛がなくなってしまえば、カミソリによる肌摩擦を起こさずに済みます。さらに毛穴も小さくなっていき、きめ細かい肌になるためオススメです。